461個のおべんとう



長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、罪悪感を抱いていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗してしまう。好きな音楽で生計を立てている一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。好きなように育ってくれたらそれでいい”と考えていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。翌年の春、見事に高校に合格した虹輝に、一樹は高校でのお昼ご飯はどうしたいか訊く。「父さんのお弁当がいい」という返答に笑みがこぼれる。この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 (C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会